秋景色考

秋の景色を求めて、近くにある「まきばの館」へ足を伸ばしました。



僕の好きなメタセコイアとスダジイの樹です。色のコントラストもいいなあと思って撮りました。

秋は、木の種類ごとに色々な表情を見せる季節なので、木の性質や森の性格を見るのにとても適した時期だと思います。

ただ、同じ種類の木を見ても、見る場所によって、これはいいなぁと感じるものがあれば、何だか気に入らない木もあったりするのは不思議です。絵になるような、きっちり樹形の整った、見映えの良い木が、誰から見ても好かれるはずなのに、必ずしも良く感じない事も時にあります。例えばきれいに色付くヤマモミジなどは、公園などで単立で見ると何だかものたりず、ただ頼り気なさが尾をひいたりしてしまいますが、渓流などでは、荒々しくのびのびと枝葉を広げていて、いいなぁと見入ったりしています・・・

つれづれ観察話でした。



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.